…専務秘書になって一週間。


キスから始まったこの非常識な関係は、今日まで仕事の忙しさで、すっかりなかった出来事になっている。


連日の会議と出張で、あたしは専務と業務以外の会話をしていないからだ。


帰りも、もちろん別々。


というか、接待が続いていて、呼ばれていないあたしは、業務終了後に解放されている。


そんな一週間に、ホッとする自分がいた。


深入りするのは、さすがに怖いから。


「美月、何だか感じが変わったね?」


絢の鋭い突っ込みに、持っているお盆を落としそうになる。


今朝は役員会議で、社長も出席。


だから、初めて絢と仕事をする事になったのだ。


まあ…、お茶くみだけど。


「そ、そうかな?」


「うん。なんて言うか…、トゲが取れた感じ?」


お茶を入れながら、絢はしみじみと言う。


見た目が変わっただけで、こんな風に思われるのかぁ。


「何かあった?」


「えっ!?ううん!何もないわよ」


怪しむ絢より先を歩き、あたしは会議室へ向かった。


絢ってば、鋭そうだもんな。


気をつけなきゃ。


専務とキスをした事なんて、忘れたいのに…。




この作品のキーワード
俺様  専務  御曹司  イケメン  秘書  オトナ女子  オフィスラブ  地味OL 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。