頭がクラクラするわ…。


玄関ホールは、まるでホテルのフロント並に広く、端には焦げ茶色の皮張りソファーが二組と、その間にはテーブルが置かれている。


玄関でしょ!? ここは!?


「あの…、何であそこにソファーがあるんですか?」


専務は、何やら機械みたいな物に指をかざしていた。


「何してるんですか?」

「ああ、これ?ここは指紋認証なんだよ。セキュリティーには厳しい場所だから」


指紋!?


思わず後ずさりしたあたしの腕を、専務は引っ張る。


「おっと、逃げるなよ。荷物はオレが持ってるんだからな?」


逃げたい…!


指紋認証とか、本当にあるんだわ。


呆気に取られるあたしを強引に引っ張って、専務はエレベーターに乗り込む。


「ついでに言うなら、さっきのソファーは来客用。待ち時間に座るんだよ」


「は、はぁ…」


立って待ってればいいじゃん。


庶民のあたしには、理解不能過ぎる。


「このマンションって、20階まであるんですね?」

「ああ。ちなみに、オレは部屋は20階だから」


「そ、そうですか…」


へぇ。最上階ねぇ。


どこからどこまでも、VIPな感じがする。


そして、もはや言葉を失ったあたしは、専務の部屋へ着き、改めて絶句をするのだった。




この作品のキーワード
俺様  専務  御曹司  イケメン  秘書  オトナ女子  オフィスラブ  地味OL 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。