朝。

今日は土曜日。

ゆっくり布団で微睡む事が出来る。

昨夜のお酒が身体の動きをどんよりと制している。

私は一度覚めかけた目を再び閉じた。



――靖夫…。
本当に彼が好きだった。
あなたとの未来を本気で夢見て夢中で恋してきたのに。

………やめよう。
もう、終わったのよ。

今頃彼は新婚初夜から初めて朝を迎え、その腕に愛しい花嫁を抱き締めている事だろう。





この作品のキーワード
同僚  肉食  草食  元カレ  嫉妬