――「今日は帰った方がいいよ」

あれから毎日のように彼の部屋へと通いつめる私に勇気が言った。

「…何で。……邪魔なの?」

私が彼を見つめながら答えると彼は困った顔で笑う。

「邪魔なんかじゃないよ。
だけど、毎日こんなだと…。周りの目もあるし」

「だって…。一緒にいたいんだもん」

私が拗ねて目を逸らすと彼は両手を広げて「おいで」と言った。

私は拗ねた事も忘れて彼の胸に飛び込む。

「甘えん坊だなぁ…。
バリバリ仕事してるイメージが段々と薄れていくよ」

私を抱き締めながら彼が言う。

………。
何とでも言えばいいわ。
今の私にはこの場所以上のところなんてない。

……一緒にここに住もう、って、
早く言えよ。

相変わらず彼は、物足りない。





この作品のキーワード
同僚  肉食  草食  元カレ  嫉妬