届かない想いなんか
いっそ
無くなってしまえばいい




菊は
信長に芽生えていた恋心を
封印して


現代に帰りたいと
思っていた。



側室?


冗談じゃない



嫌だもん。


そんな風に
かこわれても



この作品のキーワード
戦国  トリップ  信長      切ない  運命  歴史  イケメン