気がつくと
そこは白い空間だった。


水色のカーテンが風に揺れていた。



「ここ・・・・」



菊・・・


由花は 
現代に戻ってきていた。


由花は 
自分の寝ているベットの横に
座って

居眠りしている母親の姿を
見つけた。


「おかあさん・・・・」


その声が聞こえたのか

母はゆっくり
目を覚ました。


「由花!目が覚めたのね?良かったわ・・・

本当に・・・」


母の懐かしい涙交じりの笑顔があった。

この作品のキーワード
戦国  トリップ  信長      切ない  運命  歴史  イケメン