目を開けると
そこには見慣れない天井が広がり
襖には立派な虎の絵が描かれていた。



「ここは?」
頭がずきずきと痛んだ。


由花は、掌で頭を押さえて
起き上がった。


「お……起きたのか?」

縁側の方からずかずかと
やってきた着物姿の男。


その男に見覚えがあった。



先日、
竹林の中で
出逢った 美しい顔立ちの男。


男は、ふらつく由花の体を支えつつ
柔らかな笑顔を見せた。


「よく気がついてくれたものよ。
この景虎の懸命な世話のかいが
あったということよのう」

景虎……

なんか聞いたことある

誰だっけ?

この人
確か
歴史の授業で習ったような気もする。


この作品のキーワード
戦国  トリップ  信長      切ない  運命  歴史  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。