信長は
信頼の置ける忍者を使い

ひとまず 越後の虎の周辺を
調べる事にした。



早くしなければ


菊の身が……。

心配でならぬ



信長は 

菊が 
戦の道具として
使われはしまいか?


はたまた

女であるがゆえの
危機に直面してはいないか



心配で
唇を嚙んだ。



この作品のキーワード
戦国  トリップ  信長      切ない  運命  歴史  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。