□ □ □



「っ、・・・・・・・・」


床に落ちたドレスが踏みつけられる。


そんな事に気付かないくらい、お互い、熱い。



「か・・・・・・な、め・・・・・・」


要のネクタイを捨てて、シャツのボタンに手を掛けた。

驚くほど白い肌が、垣間見える。



「ふ・・・・・・・・・・・・・・、梓は大胆だね・・・・」


ちゅ、と要が私の耳朶にキスをした。


片足だけベッドに乗せた要が、ドレスの上の足をベッドに移す。


ぎしり、と軋んだ。



この作品のキーワード
結婚    許婚  溺愛  禁断  年の差  秘密  恋愛  年上  社長 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。