□ □ □



鏡に映るのは、着飾られた、醜い私。

しっかりと首に残った痕を隠しながら、精一杯笑って見せた。


うん、凛堂梓が出来上がった。


静かになった部屋で、ベッドに倒れこむ。


起きたら要は居なかった。

きっと、自分の家にでも帰ったのだろう。


ここはパーティ会場の空き部屋だから、ここに長く滞在するのも、問題があるんだろう。


これから私は、“千崎蒼人”に会うために、自分の家まで帰らないといけないんだ。

この部屋に広げてある荷物も全部片付けないと。


あぁ、面倒臭い。

要が居ないと、こんなに世界が面倒だ。


この作品のキーワード
結婚    許婚  溺愛  禁断  年の差  秘密  恋愛  年上  社長 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。