7 困惑のお姫様



「なにをそんなに拒むかなぁ、このお嬢さんは」

「……」

「クール王子に、みっちりきっちり女度あげてもらってきなさーい」

「……人ごとだと思って。ってか、彩乃がOKだしたんだから、彩乃がやればいいでしょうが!」



 グサッと八つ当たり気味で、Aランチのウィンナーをフォークでさしながら彩乃を恨みがましく見つめると、目の前の彩乃は肩をすくめて苦笑した。

 まぁまぁと、興奮気味の私を宥めるように彩乃はにこやかに笑った。




「いいじゃん。タダで一流の、それも今、巷で大人気のクール王子がメイク指南してくれるんだよ? こんな機会めったにないって」

「そりゃーそうかもしれないけど。……でもさぁ。長谷部さん……めちゃくちゃ怖いんだけど」



 昨日の冷たい視線を思い出し、思わず震えあがる。


 あの雰囲気の中、男が苦手でうまく話せない私が、あんなクールな印象の長谷部さんからメイク指南だなんて……。


 考えただけでも、背筋が凍る。



 私はめちゃくちゃ不器用だし、メイクについての知識は皆無と言い切ってもいい。
 
 そんな私を、長谷部さんは根気よく教えてくれるというのだろうか。
 昨日見た印象から言って、気長に優しく教えてくれるとは到底思えない。

 ってか、なんだか冷たい視線で



「なんだよ、てめぇ。そんなこともできないのか?」



 とか思われそう。

 うわぁ、絶対あの男は言う。目で語るんだ。


 で、最後にはバカにされて、



「お前にメイクの指南だなんてムリだな。この俺さまでもできないことは、ほかのヤツに当たったって無理だな」



 とかいって、烙印を押しそうだ。

 考えただけで、恐ろしい。




この作品のキーワード
OL  王子  大人  無愛想  不器用  クール  イケメン  地味子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。