2 少しの興味と好奇心



「君は、お休みの日はなにをしているの?」

「私ですか? ……そうですね。本を読んでいるときが多いかもしれません」

「ど、読書かぁ……女の子だから恋愛モノとか読んでるのかな? よく今、映画化されたりしているよね?」

「いえ。映画化されている恋愛モノは読んだことないです」

「じ、じゃあどんなジャンルを読んでいるの?」

「そうですね……よく時代モノを読んでます」

「じ、時代モノとは?」

「あー、侍とか」

「……」




 そうなんだぁ、と少しの沈黙のあと、目の前の男の人は苦笑した。

 そして、私のほうに向けていた体を横に向け、私から視線を逸らした。

男性のその態度を見て、「また、やってしまった」と思わずため息が零れ落ちた。
 いつもこのパターンだ。そろそろ学習してもいいのに。
 自分で情けなくなってきて、手にしていたジュースを飲みほした。


 チラリと幹事席に座っている彩乃を見たら、あちゃぁと苦い顔をしている。
 
 ――― 本当あちゃぁだよねぇ。

 私は、やけくそとばかりに目の前の料理に手をつけた。

 
 今日は、彩乃に強引に誘われて合コンの席に来ている。

 会社に近い、ちょっとお洒落な居酒屋で5対5の合コン。
 なんでも相手は、うちの会社から近い輸入会社にお勤めの精鋭軍団らしい。


 たしかに仕事ができそうな雰囲気をもっていて、どの人も個性豊かで見目もそんなに悪くない。

 彩乃に言わせれば、『かなりの上玉』らしいのだが、私はどの人もピンとこない。



 ま、私みたいな女子力が低い女に品定めされたら、精鋭軍団は「物申す!」といって怒り出しそうだけど。
 私はひとりごちて、肩をすくめた。