はい。

あれから屋上に連れて来られた。


何の用だ?

私何も(まだ)してないとおもうんだけど。

てか、さっきから全員黙ってる。

赤髪とピンク君以外ね。

「アイツなの?!朝の奴?!」

とか、意味不な事を言っている。

何か、うぜえ

『……で、何なんだよ』

何も無いなら早く教室戻って寝たい。

すると、ピンク君が口を開いた。

「……えっと、僕等の事知らないの?」

『知らない。』

少し遮り気味で即答する。

誰だよ。

会った事あるのか?


……いや、無いし。



この作品のキーワード
暴走族  過去  男装  俺様  美少女    男子校  不良  最強