藤原グループ本社ビルの前にベンツのリムジンが停車する。

運転手が降りてきて、足早に後部座席のドアを開けた。ドアの下方から覗くのは、ローヒールのパンプスからスラリと伸びたくるぶしとふくらはぎ……。


「到着いたしました。お疲れ様でございます」


運転手は深々と頭を下げる。


「ありがとう。ご苦労様でした」


にっこり微笑むのは社長夫人、藤原万里子。


万里子はゆったりとしたワンピースを着ていた。

妊娠四ヶ月では、まだまだ体型が変わるほどではない。それでもウエストを締める服はよくない、と夫である卓巳の指示である。


「ごめんなさいね。卓巳さんたら、心配性で」


そして、万里子のあとから車を降りて来たのが、宗の恋人、和田雪音だった。



今から一時間前、忘れ物を秘書の朝美に取りに行かせると卓巳から連絡が入る。だが雪音が見る限り、万里子は彼女が苦手そうだ。


万里子が人の悪口を言うことはまずない。その分、胸の中に溜め込むタイプだ。そして今は妊娠初期の大事な時期。加えて、悪阻も辛そうで……。


『いっそ万里子様がお届けになっては?』


そんなふうに、雪音が提案したのだ。


この作品のキーワード
愛を教えて  秘書  嫉妬  浮気  年の差  サスペンス  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。