香織もその言葉の意味を察したのだろう。見る間に青くなり、頬は歪む。


「信じられない……あなたが、そんな」

「社長に直談判されたらお手上げだよ」


心底、被害者のような顔で宗はつぶやいて見せる。


「そんな……そんな……信じないわっ」


香織は口の中で繰り返すと、宗に背を向け、エレベーターに乗り込むのだった。



他の女と結婚してもいい。愛人関係を続けたいと言っていたが……。おそらく本気ではないだろう。

香織自身が結婚願望の強い女だ。

宗の胸に芽生えた同じ思いに、敏感に反応したに過ぎない。女遊びに理解のあるところを見せて、結婚相手に相応しいと思わせようとしたのだろうが……。

宗のような男には逆効果だった。


卓巳のように責任あるポジションにいれば、妻や後継者が必要だろう。だが、表舞台に立つ訳でもない宗に、ステイタスによる結婚は必要ない。

雪音だから……。

彼女の夫となり拘束されてみたいと思えた。そして、雪音を独占したい。歳の離れた自分を捨て、昔の男のもとに戻るんじゃないか、という不安がいつも付き纏っている。

妻に束縛されたい宗にとって、公認の浮気を認める女と結婚することに意味はなかった。