もうこんな人生…慣れてしまった。



毎晩、見知らぬ男と過ごして男と身体を重ね男に養ってもらうって生きていく生活をもうどれくらいしてきたんだろう。



そして今日もあたしは餌を求め夜の街へ彷徨う。