――ピルルルル……。


王河の、優しくて柔らかいキスの最中、電話が鳴った。


「あー、もー、時間か……」


そんなひとり言を呟いて、王河があたしを離し、制服のポケットから電話を取り出した。


そして……。


「あー、俺。
つーか、わかったから。
わめくな」