「ち……ちょっと!
王河っ!!」


あたしの声なんか、あっさりスルーして。


1-Aの教室に帰ることなく、階段を下りはじめる王河。


「ねぇ、帰るの?
でも、カバンは教室でしょ?
それに……。
久しぶりに学校来たんだから、ちゃんと授業受けた方が……」


そんなあたしの忠告も無視して、王河はあたしの手を掴んだまま、3階から1階まで下りた。