ぶわわわわ……。


火を噴いたように熱くなる頬。


その熱は全身にまわって……。


「ちゅっ」


あたしの耳への、音をたてた王河のキスで、限界に達した。


ボンッ!! 


そんな音がでちゃうんじゃないかって思うくらい、燃えあがる体。