憧れの彼に告白するため マンションの前で

待ち伏せしてたら突然の豪雨……。

こんなに一生懸命お洒落したのに…ずぶ濡れな自分が情けない。

「帰ろう…。」

私って本当についてない女……。

そう思って歩きだした時だった。

この作品のキーワード
密フェチ