『君を傷つけたくないんだ』

彼はそう言って右手を差し出す



私たちの、ちいさな儀式

この作品のキーワード
密フェチ     

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。