「俺が、あの人のタイム超えたら……」

彼はそう言って、スタート台に立つ。
真夏の奇跡が、今はじまる。

目次

この作品のキーワード
密フェチ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。