『ちゃんとキスしてくれない事が切ない……』



親友の真紀子にそんなメールを送ったのは勇哉と付き合い始めて1ヶ月くらいが過ぎた頃だった。


なんとなくOLになってみたものの、パティシエの夢が諦められなかったあたし、田中梨香。


退社が決まり、その送別会で突然告白してきたのが後輩の勇哉だった。



背が高く、仕事熱心で、整った顔立ちな彼のファンは社内にも少なくなかったから、


「なんで私?」


そう慌てると


「梨香さん癒し系で、話してると和むっていうか。あ、もちろん顔もタイプだし、夢に向かってキラキラしてる所も大好きです!」


皆がいる前で真面目に、けれど大胆告白をされ気持ちが動いた。



この作品のキーワード
密フェチ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。