「それは、女としての魅力がないのでは?」


「や、やっぱりそうなのかな……」


「ええ。普通、そこまでやって、最後までやらずに立ち去るだなんて……。もしくは、あの方のあれが不能とか」


「ふ……っ」


「だとすれば、王女様。あなたの腕の見せどころですよ」


そう言って、やけに口をにやつかせて、彼女は舌を出してみたわけだけど。


私に、できるわけないじゃないかーっ。