ぴくんっ、と肩が思わず跳ねた。

甘い吐息が漏れそうになり、必死に押し殺す。

周囲には幸い、気づかれなかったみたいだ。


だけど、彼にはバレてしまったはず。

あたしの右隣に座り、意地悪な指先で翻弄してくる彼には――






「この席、いい?」

「あ、はい」


1年前、大学の講義で隣に座った彼と友達になった。


手がキレイな男の子、それが第一印象。そして、強く惹かれた理由だった。


節の張った長い指も。手の甲にうっすらと浮く太い血管も。

イケない想像をかきたてられる。

あたしを、いやらしい生き物にする。



そんな彼との友達関係が変化したのは、今から2ヶ月前のこと。

この作品のキーワード
密フェチ