「モデルになってくれないか?」


彼に初めて掛けられた言葉がそれだった。


無表情で髪を掻き上げる彼の長い指を、私は呆気に取られるように見つめていた。


クラスメイトだけど、一度も口を聞いたことがない。


かっこいいけど無口で無愛想で、彼は遠い存在のように思っていた。


「君に絵のモデルになって欲しい」


彼が美術部だという事を、私はその時に初めて知った。


モデル…私は眉間にしわを寄せて悩んだ。いや、悩んだ振りだったのかもしれない。


彼がどんな絵を描くのか見てみたかった。


誰もいない放課後の美術室。


指示されるまま、私は教室の片隅に腰掛ける。


彼は淡々と支度を始めると、さっそく作業に取り掛かった。


真剣な眼差しで、私の体を見つめる。


私は彼の視線から目を逸らすように、ペンを握る彼の指をじっと見つめていた。


女性のように細いけど、節々がゴツゴツとしている指。


彼は会話もせず、ただ黙々と手を動かし、絵を描いていった。


静かな空間で小刻みに揺れる指を眺めていたら、なんだか眠くなってきた。


振り子のように揺れる指を見ながら、私はゆっくりと目を閉じる。


この作品のキーワード
密フェチ    モデル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。