「美味しい!」



粗く挽いた牛肉たっぷりのボロネーゼをフォークに巻きつけながら、後輩が無邪気に笑った。

「この前の和食も美味しかったけど、イタリアンもやばいです」


小さな顔に、少しアンバランスな大きな口。
そこにパスタがあっという間に吸い込まれる。
口元についたソースを、綺麗な赤い舌が舐めとった。

「先輩は食べないんですか?」

今度は白貝のムニエルに手を伸ばしながら、食事はせずにひとりワインを飲む私を不思議そうに見る。



「私はいいの」

(だって、一緒に食べたらじっくり観察できないじゃない)

「こんなに美味しいのに」

言いながら白貝を素手で掴み、貝の身を口の中に。
もちろん貝殻に残る旨味の染み出たスープも綺麗にすすり、汚れた指先を舌で舐める。

この作品のキーワード
密フェチ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。