スーツを着た男性にそそられるのは、その姿が、セックスから最も遠いからだと思う。



「いつまで見てんの? ユキナさん」

半分あきれたように彼が笑った。


「いつまでも」

わたしは彼のネクタイに口づけて答えた。


「ずっと見ていたい。貴方のスーツ姿、最高」


3つ年下、会社の後輩の遠野くん。

社内でも好青年と評判の彼は、かっちりしたスーツがよく似合う。


「でも、脱がなきゃデキないじゃん」

焦れた彼がベッドルームに目配せするけれど

まだ、ダメ。すぐに脱いだらもったいない。

この作品のキーワード
密フェチ