★★★★★
とある夏休みの少年が得た機会
夏休みに兄の流汰とおばあちゃんの家へ向かう主人公の星也は、向かう途中に謎のツノを持った少年の蒼愧と出会う。
星也は蒼愧に言われた通りに封印を解くも、後に後悔を抱く星也により封印されてしまう。
最後には人間の蒼愧が登場する場面や序盤の日常も親近感や驚きなどを感じました。
執筆お疲れ様でした。
相楽 生一
13/01/27 00:38

>>新着レビュー一覧へ