たまにしか見られないから好きで。


安易に触れられないから


焦がれてしまうのかもしれない。


この作品のキーワード
密フェチ