その手に最初に出会ったのは、バーのカウンター越しだった。
 今、その手は私と指を絡めている。
 車の助手席に座った私の右手と、運転席に座る彼の左手。


「そろそろ――行かないと」


 本当はまだ降りたくないくせに、そう言ってみせた。


「本当に?」


 彼は絡めた指をゆっくりと滑らせる。指と指の間をなぞられて、背中がぞくりとした。


「本当に。私は明日も仕事。あなたも明日は仕事でしょ?」
「午後からだけどね」


 知ってる。
 午後から店に出て、仕入れを確認して。足りない物があれば買い出しに行って、開店の準備。

 彼の店は駅から近いところにあるから、いつ行ってもお店はお客さんでいっぱいだ。ほとんどは彼目当ての女性。


「まだ、それほど遅くないよ。着替えだけ持ってきて、俺の部屋に泊まるってのはどう?」
「……」


 それは魅力的な誘いだった。彼の指は、今度は手の甲を這っている。
 つかず、離れず、絶妙の感覚で。


「どう?」


 重ねて問われ、私は視線を落とす。
 絡んでいた指がほどかれた。今度は両手で大切に包み込まれる。

この作品のキーワード
密フェチ