数時間前まで20人ほどでひしめき合っていた事務室も、今は私と後輩の男の子2人きり。

デスクライトしかつけていないため薄暗く、カタカタとキーボードを打つ音だけが響いている。


いつ終わるだろう。


はぁっとため息を零し、壁に掛かった時計を見た。もうすぐ0時。

あと30分もすれば終電がなくなってしまう。明日は休みだけど、やっぱり家には帰りたい。

そんな甘えたことを考えているなんて、隣で真剣に仕事をしている後輩には言えない。


少し無口な彼は、端正な顔立ちで性格は優しい。なのに彼女はおらず、好きな人がいると噂で聞いた。

一休みする私とは対照的に、彼の手は忙しなく動きっぱなし。

キーボードの上を滑る彼の指はスラリと長く、繊細な指使いはピアニストのよう。

しかしマウスを掴めば力強く筋張り、男らしい魅惑的な一面も見せる。


男性の指先にたまらなく色気を感じてしまう私は、その色香に吸い寄せられるように無意識に見つめていた。


あの指に触れられたら――。

この作品のキーワード
密フェチ  指先  年下  後輩  オフィス 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。