バーに着くと、いつものようにいつもの飲みものを頼んだ。

「今日も来てくれてうれしいですよ、琴音さん…」

『今日はちょっとね…』

「もしかして、健太郎?」

『分かりますか?ちょっと聞きたいことがあってね…』

「聞きたいこと?あいつのこと?」

『ええ…』

「もしかして、あいつの過去のこととか?」

『知ってるんですか?』

「まあね。あいつとは長い付き合いだし・・・」

『そうですよね。まっ本人から直接聞いてみます。
 本人も話すから来てほしいと言ってましたし・・・』

「そっか。あいつもやっと話せるようになったってことかな。」

『なんか深い話になりそうですね。なんだか嫌な感じ…』

「あいつが琴音さんに話したいと言ったんなら、聞いてやってよ。
 琴音さんに何かしてほしいとかじゃないから。
 聞いてやるだけでもあいつのためになると思うから…」

『そうですね。まあ…来たらゆっくりと聞いてみます』


私は本当に呑気におもっていた。
あいつが振られた?なんて信じがたい。
振るならともかく…


この作品のキーワード
部長  オフィスラブ  部下  溺愛  年の差  上司  過去 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。