数ヵ月後・・・


この行為で、妊娠することはなかったが・・・

二人は、親への挨拶を済ませて、
あの日以来・・・一緒に暮らし始めそして籍だけいれた。


不安がないと言えばうそになるが・・・

それでも、信じてみようと思う琴音だった。


健太郎の妻として生きていく幸せを手に入れた。

この幸せを手放したくない・・・


会社にそのことを告げると、私は社内で移動となったが、
時に、女子社員からの意地悪をされることもなかった。


どうやら、健太郎がかなり怖い上司だということが分かったらしいから。
逆に結婚までした、私がかわいそうだという目を向けられるくらいだった。


二人の時の健太郎は甘アマなんだけどね。



信じる事。愛すること。それを健太郎に教えてもらった。

私には、それが一番大切で・・・

健太郎が今私の隣にいることが、安心すること。


ありがとう、健太郎・・・

これからもずっと愛してます。




end
2012.7.8
杉並リコ

この作品のキーワード
部長  オフィスラブ  部下  溺愛  年の差  上司  過去 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。