あの後、自宅へと向かいいつも通りの休日を過ごした私。

今日は月曜日・・・

行きたくもないが、仕事を休みわけにはいかない。

いつものように化粧をして、

いつものように服を選んで・・・

準備をして出社する。


「おはよう・・・」

『おはよう・・・』

「今日は新しい部長が着任するらしいよ。
 京都本社から来るんだって。
 いい男らしいよ。でも彼女はいない。
 ちゃんとリサーチ済みよ。」

『そうなんだ。
 そのリサーチ力、仕事に使えばいいのに・・・
 それに、社内恋愛っていろいろ面倒じゃん。
 別れたりした後とか・・・』

「琴音ちゃんはそんな後のことばかり考えるから、
 かわいいのに、ちゃんとした彼氏ができないんだよ。」


『別に・・・そのうち現れるでしょ。
 気長に待つよ。』


こんな会話をするのは、同期のマナちゃん。
マナちゃんはかわいらしくて、ちょっと童顔。
本人はそれが嫌だと言うけど、私はうらやましい限りだ。

この作品のキーワード
部長  オフィスラブ  部下  溺愛  年の差  上司  過去 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。