「キャー!陽くん!?」

家に帰るなり、お母さんは陽に抱きついた。

「まぁ、大きくなったわね?葵より背高いじゃない」

「バカ陽っ!あたしの背抜かしたな!?」

前は、陽よりあたしのが背高かかったのに…。
今は断然、陽のが大きい。

「お母さん、ちょっとまた散歩してくる」

「はいはい」

陽があたしのお母さんに逢いたいって言ったから、しょうがなく連れてきてたけど、もう用はない。

「…どこいく?」

「ひまわり畑…」


この作品のキーワード
ひまわり  太陽  手紙      運命    再会  サッカー  10年