あたしは息を飲んだ。

「…俺…病気持ってるんだ」

「…えっ…」

「いつ死んでも可笑しくないんだってさ」

陽は、はぁ…とため息をつき、砂浜に腰をおろした。

「どうせ死ぬんなら、最後に葵に会っておきたくて。それで俺は帰ってきた」

「彼女と別れるためっていうのは本当の話?もしかして、嘘ついた…?」

「…嘘じゃ、ないけど…」

あたしが聞いたことなんて…本当はどうでもよかったんだ。
違うことを聞こうとしてた。
でも怖かった…。
陽の病気を知るのが、怖かった。


この作品のキーワード
ひまわり  太陽  手紙      運命    再会  サッカー  10年