「淫乱だと思っていたが相手かまわずとはな」


「っ、だから違うの…」


---なのに思わず目を伏せてしまったのは

彼以外の人の熱を一瞬でも気持ちいいと感じてしまったのが、事実だったから。



就業後の会議室の椅子に長い足を投げ出して座り

私を冷めた視線で見上げる人。


私が愛しているのはあなただけだと言葉を尽くしても…

眼鏡の奥にさげすみを滲ませた、彼の眼差しは変わらない。



「俺は潔癖症でね。他人と同じモノを使いまわすなんて、ごめんだ」

「…ま、松下君には、キスされただけ、信じて」


(どうせあなたは私にキスなんてしないでしょ)

そんな言葉を、涙と一緒に飲み込む。



「いずれにせよ---もうお前にその気にはなれないな」

「っ!!」


頭の中が真っ白になる。





気がつくと、私は自らスカートの裾を持ち上げていた---

この作品のキーワード
密フェチ  肉食  腹黒  切ない  鬼畜  イジワル  狂愛  秘密  オトナ女子  同僚