秀の指は、ピアノを弾くためだけに存在する。

その指で誰かに触れることも。
その指で誰かを乱すことも。

……きっとない。

流れるように鍵盤を踊る秀の指を見るたびに、激しい嫉妬を覚える。

耳から耳へと消えていくメロディを聞きながら、ただ秀の指を見つめた。


「またボーッとしてるのな、凛」


いつのまに弾き終えたのか、片付けを終えた秀が私の隣に腰を下ろす。

こぶし一つ分の距離にある、秀の指。
触れたい衝動をぐっと堪えた。


「秀の指は、ピアノを弾くためだけにあるのね」

「そうか? 箸を持つのにも使うぞ?」

この作品のキーワード
密フェチ    ピアノ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。