トゥルルルル…

普段鳴らない家の電話が鳴り出した。


ソファーに座りながら私はテレビを見ていた。


勧誘かなんかだろう。

大事な電話であれば携帯が鳴るはずだし。


私はその電話を放っておこうとした。


どうせすぐに切れるだろう、そう思っていた時…。

カチャッ。
留守番電話のテープがまわりだした。

「あっ、もしもし?今日は俺仕事早く終わったから…。」


素敵な声だった。

私の胸がドキンと飛び跳ねた。

この作品のキーワード
密フェチ    電話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。