『誰とでも寝る女』

そんな不名誉な称号を、頂いていることは知っている。


「誰でも良いわけじゃないし」

私はグラスの中の紅い液体を喉に流し込む。


古いジャズの流れる、半地下のワインバー。


「むしろ誰でも良くないからこそ、いろいろ吟味しているのよ」


お互いの持ってるものをフルに使って、いかに相手と自分を気持ち良くさせるか…

---セックスは究極のコミュニケーション。


だから一度セックスしたらわかる。

相手がどういう人間か。


「…昨夜の男はほんと最低だったわ」

そしてセックスが合わない相手とは結局何をしてもダメ、というのが私の持論。


「大きいのが自慢らしいけど、独りよがりでテクはないし」

その場で別れの言葉を叩きつけた。



「おまえなぁ…

毎回事後報告が生々しすぎるんだよ」

隣の席には中学以来腐れ縁の男、高木。

この作品のキーワード
密フェチ  誘惑  片想い  肉食  オトナ女子  純愛  毒舌  不器用  セフレ  幼なじみ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。