佳「そういえばさ梨羅、星蘭高校へ転校したんだって?なんでまたそんな不良校に」


だよね、誰でもそう思うよね。


梨「実はさ………」

あたしは佳菜に今までの事を話した。


佳「なるほどね。まぁがんばりな♪」

そういって佳菜はあたしの背中をパシッと叩いた。


梨「はぁ~あした学校いきたくないな…」



その後あたしは佳菜と別れて、着替えてから寮に戻ろうとしたんだけど…




梨「通れないじゃん」