時計の針が9時を指す。

節電対策のフロアには、奥にに灯りが見えるだけ。

今日はわざと残業した。
彼が、まだ戻っていなかったから。


「戻りました~。」


そう言って、あたしの左隣、こちらにデスクを向けている席に、主が帰ってくる。


「主任、おかえりなさい。お疲れ様です。」


声をかけると、一瞬、優しい視線とぶつかって。


「まだいたのか、佐々木もお疲れ。」


長すぎない、サラサラの黒い髪。
くっきり二重の、意思の強そうな目元。

その爽やかな笑顔は、社内の女子を虜にする。



この作品のキーワード
密フェチ  オフィスラブ  社内恋愛  ネクタイ  上司 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。