何度

彼は私を傷つければ気が済むんだろう。



薔薇の棘のように私を刺したのは、

彼のベッドの中に潜む、ルビーのピアス。


見知らぬ女からのメッセージ。



「もぉ、やだ…」

「じゃ…、別れる?」


しどけない姿でソファーに寝そべり、彼は私を見上げる。

少し乱れた、艶やかな黒髪。

男だというのに『美貌』や『妖艶』という言葉が似合う人。


瞼にかかる前髪をうるさそうに額へ梳き、彼は気だるげにゆっくり体を起こす。


「辛いなら、俺から手を引けよ」


それができるなら…もっと早くにそうしてる。


「それでお前が幸せになれるなら、俺は引き止めないから」

オニキスのような目の下の、小さな泣きボクロは伏せた睫の翳に隠れる。



ズルい男---

私に『選択権』を委ねるけど、本当は何一つ譲る気なんてないくせに。



「…っ、別れ、ない」


私は知っている。

殊勝げに俯いた彼が、陰で歪んだ微笑みを浮かべていることを。



彼の腕が伸びてきて、私の腕を掴む。

「ベッドに行って。服を脱いで」

この作品のキーワード
密フェチ  腹黒  イジワル  嫉妬  肉食  イケメン  泥沼  独占欲  切ない  浮気 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。