それまでカタカタと忙しなく鳴り響いていたタイプ音が、突如、プツリ。

電源が切れたように止む。


どうしたのだろうと訝しむ私を他所に、視線の先の上司はといえば、ふう、と吐息を漏らし頬杖をつくという、何とも気怠げな所作でこちらを見つめていた。



「で? 君はさっきから俺のことを穴が開くくらい見てくるわけだけど

一体、俺の何がそんなに不服なのかな?」



この作品のキーワード
密フェチ  上司  部下  オフィス  オトナ女子  微甘      オフィスラブ