「えっと……。まだ行けるか」


同僚と外回り、時刻は夕暮れ。歩道で同僚は立ち止まり、腕を上げて肘を曲げた。裾からのぞく腕時計を見るとそう呟いた。


「もう一軒回ってから帰社するか」
「そうですね」


総務部から回された私は同期と言えど彼は先輩に当たる。私はこの同僚のサポートとして最近は一緒に行動している。


営業だから身嗜みはキチンとしてる。ノリの効いたシャツ、緩まない結び目のタイ、磨かれた靴。男の色気ってこういうところに出ると思う。

そんな同僚の一番好きな仕草は腕時計を見るところ。首を傾げるようにして袖口を覗くのは可愛いというか。


つい、下から見上げてしまう……。



.

この作品のキーワード
密フェチ  腕時計  スーツ  同僚  終電  仕草  手首 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。