あの会話から約30分後。

後ろには山。
自然に囲まれたところに新井家はあった。
豪邸ではないが、そこそこ大きさを誇る家。

車から降りた紘哉は目を細め、家を見上げながら呟く。

「……日本って、潜入捜査とか囮捜査って禁止だよな?」

「まあまあ。それがちょっとワケありでね」

恵一がトランクから荷物を下ろし、返事をする。
羽兎も車から降り、紘哉の隣に立った。

「何かね、ここに住む新井さん家の娘さんと花形さんが、どうやら幼なじみらしいよ」

「……」

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  密売  ミステリー  ギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。