「痛っ…」


基樹が私の肩を強く噛む。


いつからだろう、基樹に乱暴にされるようになったのは…。


「あなたにオレの跡を残してやる」



それが最近の基樹の口癖。


強く求められて、私は痛みと共に幸せを感じる。




明るい部屋で体の自由を奪われて、私自身を奪われる夜は
涙が出そうなほど、感じてしまう。




この作品のキーワード
密フェチ  大人  年下  秘密  縛る  噛む  意地悪  おもちゃ  教師  禁断 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。