バスィール公国とクアルン王国の国境、砂漠の真ん中で花嫁一行は馬車を乗り換えた。


今度の馬車は途方もなく豪華だ。


砂漠の端っこに位置する小国バスィールと、半島の九割を占める大国クアルン。

馬車一台のこととはいえ、とてつもない国力の差を見せつけられた気分である。


とはいえ、豪華なのは当然かもしれない。


なんといっても“砂漠の覇者”“狂王”と恐れられるクアルン国王が花嫁を迎えるために用意させた馬車なのだから……。



この作品のキーワード
ファンタジー  身代わり    アラビア風  花嫁  身分差  偽り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。