玄関の前に着くと、

秀が私をそっと下ろした。

目をパチクリさせて、

秀を見た。


「人が通らなかったからよかったけど、

急にあんな事してどうしたの?」


私の質問に、

秀は微笑んだ。



「なんとなくしてみたかったから」



…なんとなくって。


秀は時々、

何を考えてるんだかわからなくなる。


「もう、あんなことしないでね?」


私の言葉に、

頷いた秀は、私に手を振ると、

車の方に向かって歩き出した。


私は秀がいなくなるまで、

見送った。


この作品のキーワード
特殊  警察官  許婚  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。